センターのご紹介|九州大学病院内視鏡外科手術トレーニングセンター

logo1.png

九州大学病院内視鏡外科手術トレーニングセンター|九州大学病院|内視鏡




センターのご紹介

九州大学病院内視鏡外科手術トレーニングセンター

センター長 橋爪 誠 はしづめ まこと

hashizume.jpeg現在の社会における医療情勢を鑑みますと、内視鏡外科手術における教育・トレーニングが非常に重要であることは明らかですが、その体制づくりは欧米に比べて大きく遅れていると言わざるを得ません。

このような中、私どもは平成16年10月より、一定のカリキュラムに沿って系統的に教育、トレーニングを行う「九州大学病院内視鏡外科手術トレーニングセンター」を運営しております。近年、内視鏡外科手術は世界中で爆発的に普及し、従来の外科手術から、患者に優しい医療へと移り変わる大きな契機となりました。

本センターにおけるスタンダードコースは、ボックストレーニング、シミュレータトレーニング、Live Tissueを用いた手術トレーニングに分かれ、内視鏡外科手術における基本的手技の習得を目的とした、我々独自のユニークかつ充実したカリキュラムとなっています。ボックス トレーニングのそれぞれのタスクは厳選されており、内視鏡外科手術に必要な空間認知力、 左右鉗子のコンビネーション等々が習得できます。

また、トレーニングコースへのシミュ レータの導入は本セミナーの最もユニークな点で、我々の最近の教育効果判定試験では、 Virtual realityの世界で学ぶ内視鏡外科手術はボックストレーニングに匹敵する教育効果が得られ、シミュレータートレーニング独自の効果も得られることがわかっています。 Live Tissueを用いた手術トレーニングでは、生体において実際に剥離、縫合、結紮および 様々な止血術を訓練することができます。

アドバンスドコースでは、消化管吻合術、単孔式腹腔鏡下手術など具体的な各術式についての質の高いトレーニングコースを提供したいと考えております。

本センターは、今から内視鏡外科手術を始めようと思っている若手外科医から、さらなるスキルアップを目指す内視鏡外科医の方まで幅広く対応し、満足して頂けるようなカリキュ ラムづくりを目指します。


池田 哲夫 いけだ てつお

准教授

外科医として、肝胆膵疾患に対する内視鏡外科治療が専門です。最近では先端的な外科医療として肥満やそれに伴った代謝性疾患(メタボリックシンドローム)に対する手術治療を行っています。また、実際に手術や検査でこんな機器があれば安全で確実なのに、と思った物を形にする開発を行っており、匠だけの技や感を多くの人のためになる様な研究を研究を目指しています。

ohira.jpeg

 内視鏡外科に関して

日本内視鏡外科学会 (評議員)
腹腔鏡下肝切除ガイドライン作成委員
SAGES(Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons)メンバー

日本内視鏡外科学会・技術認定医
日本肝胆膵外科学会内視鏡外科関連委員
日本コンピュータ外科学会評議員
肝臓内視鏡外科研究会評議員
膵臓内視鏡外科研究会評議員


 その他

日本外科学会・専門医・指導医
日本内視鏡学会 ・専門医・指導医
日本消化器癌発生学会評議員
日本透析療法学会・専門医

日本消化器外科学会・専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会・高度技能指導医
日本気管支食道学会評議員
九州外科学会(評議員)


富川 盛雅 とみかわ もりまさ

特認 准教授

患者さんにとって本当に利益となる医療とはどういうものかを常に考えています。「低侵襲治療」が患者さんひとりひとりに包括的利益をもたらし、ひいては次代の医療の発展、人類の幸福に大きく貢献することを信じて研究・診療を行っています。

日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 指導医
日本内視鏡外科学会評議員・技術認定取得
日本肝臓学会 専門医
日本消化器内視鏡学会学術評議員・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療 認定医

tomikawa.jpeg

赤星 朋比古 あかほし ともひこ

講師 救命救急センター兼任

食道胃静脈瘤、脾機能亢進症による血小板数の低下、腹水、肝性脳症などの肝硬変症に伴う門脈圧亢進症状を中心に診療を行っています。外科手術から内視鏡・IVR治療とさまざまな手技を駆使して治療にあたっています。

日本外科学会 認定医・専門医
日本消化器外科学会 専門医
ATOM インストラクター
日本肝臓学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医

akahoshi.jpg

大内田 研宙 おおうちだ けんおき

講師 第一外科兼任

臨床の専門は、消化器外科、特に上部消化管です。
研究面では、立体内視鏡カメラから3D提示システムまでの評価・開発に携わり、3D立体映像提示システムの内視鏡外科手術への臨床導入を現在進めています。

日本外科学会 認定医・専門医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療 認定医

ouchida.jpeg

宗崎 良太 そうざき りゅうた

助教 小児外科兼任

専門は小児外科・小児腫瘍外科です。小児の患者さんにより侵襲の少ない手術を行うことができるように、臨床・研究を行っています。

日本外科学会 専門医
日本がん治療認定医機構がん治療 認定医

munasaki.jpeg

小幡 聡 おばた さとし

小児外科

専門は小児外科および小児内視鏡外科で、現在大学院で内視鏡外科手術トレーニングについて研究しています。内視鏡外科手術トレーニングセンターでのスタンダードコースおよび小児外科アドバンスコースで主にティーチングアシスタントとして参加させていただいており、内視鏡外科手術手技の普及に貢献できるように尽力いたします。

専門分野 小児外科一般、小児内視鏡外科

北原 大和 きたはら やまと

第二外科兼任

九州大学病院先端医工学部所属の北原と申します。私は現在大学院にも所属しており、臨床の傍ら、研究もさせていただいております。専門は一般外科で、特に呼吸器外科領域を専門としております。診療では、なるだけ患者様に病状を理解していただけるように、丁寧な説明を心掛けております。一緒に治療を頑張っていきましょう。

専門分野 一般外科、呼吸器外科

所属学会
日本外科学会
日本胸部外科学会
日本乳癌学会
日本呼吸器外科学会
日本肺癌学会

堤 亮介 つつみ りょうすけ

第二外科兼任

専門は消化管外科です。ハイパースペクトルカメラという特殊な撮影機械を用いた消化管の血流評価について研究を行っています。腹腔鏡手術にも使用できる簡便な血流測定装置を開発し、手術をより安全に行うことが目標です。

専門分野 消化管外科



map.jpg
全国受講者累計